トップへ > みずほ銀行の2chでの評判、利用者の声 > みずほ銀行カードローンの在籍確認を調べてみました

みずほ銀行カードローンの在籍確認を調べてみました

在籍確認は、銀行系のカードローンを契約すると必ずあると思っていた方が良さそうです。

それは、主に電話連絡で確認を取る形になりますが、必ずしも申し込んだ銀行から電話がかかってくるものではありません。審査の大半は、この保証会社で行われているため、ここから在籍確認の電話がかかってくることもあるのです。

みずほ銀行の在籍確認について

みずほ銀行は、保証会社がオリコになっているため、在籍確認もオリコが行うことになっているようです。みずほ銀行カードローンを契約した時に、オリコから在籍確認の電話があるという説明がないのでびっくりする方も多いと言われています。


在籍確認は、勤務先に対して行うものですが、みずほ銀行カードローンの場合は在宅確認として、自宅への連絡も併せて行われるので知っておくと安心です。

そもそも、在籍確認はどのような目的で行われるのでしょうか。
それには次のようなことが挙げられます。


在籍確認の目的について

◆申込書に書いた会社(自宅)が間違っていないかを確認するため

これは、記載事項に嘘がないかの確認とも言えます。無職の人があたかも会社に勤務しているような書き方をしてもすぐにバレてしまいます。

また、在籍確認の際は、オリコの社名を出さずに個人名で電話がかかってくるので、カードローンの利用が会社にバレることはありません。


◆固定電話の所有権を確認するため

この目的は、今ではさほど重要視されていませんが、住所をはっきりさせる目的でも使われています。

電話の所有権自体は、以前であれば生活水準を図り知ることができたので、審査手順のひとつとして活用されていました。現在は、携帯電話だけしか持たないという人が増えているので、固定電話の有無が審査に反映されることが少なくなりました。


さて、みずほ銀行の場合は、実際にどのような感じで在籍確認の電話をかけてくるのでしょうか。実際に審査を受けた方の体験談から伺ってみましょう。


審査の体験談

「インターネットのみずほ銀行カードローンのページから申し込んだら、その日のうちに会社に電話がきました。しかも、みずほ銀行じゃなくオリコからかかってきたので、ちょっとびっくりしました」

この時の在籍確認の電話も個人名でかかってきたようです。やはり電話をかけてきたのは、保証会社であるオリコということで、みずほ銀行が審査の主役ではないことが分かります。


また、この場合、審査スピードにも着目したいところです。

申し込みの翌日ではなく、当日に在籍確認の電話をかけてきています。申し込み後すぐに審査に取り掛かっている様子が伺えるので、早急にお金が必要な時でも頼れる存在かもしれません。


「ネットで申し込んだら、その翌日にオリコから携帯に電話がきました。その後、みずほ銀行から連絡がくるようなことを言っていましたが音沙汰無く。後日否決の手紙が届いていました」

「オリコからの在籍確認の後に、みずほ銀行からの連絡で審査に通ったとの内容でした」

この2つの体験談は、審査にパスしたケースと残念ながら否決されてしまったケースです。

パスした場合は、オリコの後にみずほ銀行から可決の電話がかかってくるようです。否決の場合は、みずほ銀行からは電話ではなく手紙による連絡手段が執られています。


これらの例は、あくまでも体験談なので必ずなるとは言い切れませんが、みずほ銀行カードローンの場合はオリコから在籍、在宅確認は必ずあるということが分かります。


みずほ銀行カードローンのさらに詳しい情報・口コミはこちら


三菱UFJ銀行カードローン


じぶん銀行カードローン


オリックスVIPローンカード