トップへ > キャッシングの裏技、知ってて損なし!! > 派遣だとキャッシングできる?ぜったい!お金借りたい人必見!!

派遣だとキャッシングできる?ぜったい!お金借りたい人必見!!

キャッシングの審査に通る為の裏技とは?


キャッシングの際に役に立つ情報や、キャッシングの知識についてご紹介しています。

ほかにも、キャッシングを上手に利用する方法もご紹介していきますので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

キャッシングの審査とは


キャッシングをするには、必ずキャッシング会社の審査があります。

「お金を借りるのだから、審査があるのは当たり前…」確かにその通りですが、その審査内容については分かりにくい部分もありますね。

一説によると、審査基準はキャッシング会社では極秘とされているそうです。

つまり、わたしたちキャッシングする側には、その審査内容は知らされることはないという事になります。

次に、各キャッシング会社の「借入れに関する必要資格」を見てみましょう。


・A社条件:20歳以上の安定した収入と、返済能力を有する人。

必要書類:健康保険証または運転免許証、借入額によっては収入証明書や源泉徴収票など。


・B社条件:満20歳〜65歳の安定した収入(会社基準による)を有する人。

必要書類:健康保険証または運転免許証、収入証明書や源泉徴収票など。


・C社条件:20歳〜65歳の安定した収入のある人。

必要書類:健康保険証または運転免許証、50万円超の場合は収入証明書や源泉徴収票など。

以上のような条件と、各書類が必要となっています。

キャッシング会社によっては、パートやアルバイト、自営業でも、安定した収入があればOKとあります。

では、無職の人はキャッシングできるのでしょうか。

無職でもキャッシングできる?


ここでご紹介するのは、無職の人でもキャッシングできるという裏ワザです。

ただし、キャッシングでお金を借りれば、必ず返済しなくてはなりません。

キャッシングする場合は、確実に返済できるアテがある方だけのご利用をお勧めします。

上記でご紹介したように、キャッシングの資格は「安定した収入があること」です。

つまり、「現在仕事に就いている」「働いている」という証拠があれば、キャッシングはできるということになります。

そこで、今無職の人でも、仮に「派遣の仕事に登録」してみます。

派遣会社はどこでもいいのですが、できれば登録が完了するまでが短い会社がいいでしょう。

登録が完了したところで、キャッシングに申込みを行います。

既に仕事があるわけですから、審査に通る可能性は高いといえますね。

この「派遣の仕事に登録」する方法ならば、無職の方や水商売をされている方でも、融資の申し込みをすることができます。

勤務先として「派遣会社(派遣元)名」を記入して申し込みを行います。

仮に、この派遣会社で、まだ1度も仕事をしていない場合でも、審査は通る可能性はあるといえます。

その場合は、勤務年数の欄には3カ月程度と記入しておくといいでしょう。

ただし、キャッシング会社によっては、派遣社員は審査に通らないというところもありますので、事前に情報収集しておくことが大切です。


三菱UFJ銀行カードローン


じぶん銀行カードローン


オリックスVIPローンカード