トップへ > キャッシングの裏技、知ってて損なし!! > 貸金業法改正(総量規制)後の返済方法は?

貸金業法改正(総量規制)後の返済方法は?

2010年6月から新しい貸金業法が施行されました。 みなさんがキャッシングを既に利用している、または、これから利用しようとしている場合、この法律がどう関わってくるのでしょうか?

新しく施行された貸金業法の中に、総量規制というものがあります。 この総量規制が、キャッシングを利用するみなさんにとって、一番関わりの深い部分と言えるでしょう。


総量規制の基本的な内容は、キャッシングの条件として借り入れ限度額を年収の1/3までと定めていることです。以前であれば、各キャッシング会社の審査によって限度額が決められていましたが、今後はこの法律に基づいて融資を受けることになります。


初めてキャッシングを利用する方であれば、この範囲内でほぼ確実に融資を受けることができるでしょう。しかし、既にキャッシングを利用していたり、新たに件数を増やしたいなと思うのなら、この法律のことを思い出してください。


既にキャッシングを利用している場合、総量規制が適用されることで、ほとんどの方が限度額を下げられているようです。実際に、私が利用しているキャッシングも限度額が下げられてしまい、追加融資を受けることができなくなってしまいました。


このような総量規制は、消費者金融が対象になっているので、銀行のカードローンであればこの法律が適用されません。現在の借り入れが年収の1/3を超えている方は、一度銀行のカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。


そんな、銀行系のカードローンでおすすめなのが、モビットです。テレビCMも盛んに放映されているので、名前だけでも知っているという方も多いことでしょう。


銀行系カードローンの中でも、比較的審査がゆるいので申し込んでみる価値は充分にありますよ。しかし、この総量規制で不安な点が聞かれるのも事実です。


それは、返済に関することですが、年収の1/3を超えた借り入れをどのように返済しなければならないかです。


キャッシングの総量規制が施行される前は、毎月契約した利息と共に元金を入金するスタイルが一般的でした。しかし、このスタイルは、総量規制によって変わることはありません。


限度額を超えた分の一括返済を要求されたり、毎月の返済額が膨らんでしまうようなことはまずありません。事実、私が利用しているプロミスやアコムのキャッシングの限度額が下げられたとは言え、返済金額は今までと何ら変わりありませんでした。


自分のキャッシングに総量規制が適用されているかどうかは、毎月の返済で明らかになります。今までは、ATMで返済していても追加融資が可能になっていましたが、6月を境にこれがゼロになってしまったのです。


このような現象は、総量規制が適用されたことで、借り入れ限度額のカットが行なわれたことが分かります。しかし、限度額の変更は総量規制だけでなく、自分の信用状況によっても適用されてしまうので、カードローンはスムーズな返済が欠かせませんね。



三菱UFJ銀行カードローン


じぶん銀行カードローン


オリックスVIPローンカード